個別指導塾の授業形式

数名の生徒に一人の講師がつく

マンツーマンで勉強を教えてもらえる仕組みとして家庭教師がありますが、いい講師を探すのが難しかったり料金が塾よりも高くなるなどの問題があります。家庭教師と集団指導塾の中間的なサービスとして個別指導塾があり、ほぼマンツーマンに近い形で家庭教師よりもリーズナブルな料金で利用ができます。塾によって仕組みは多少異なりますが、一名から数名の生徒に一人の講師がつく形式で授業が行われます。数名の生徒を教えると言っても同じ内容の授業ではなく、それぞれの生徒が個々の勉強をしていて講師が巡回しながら授業をする形が取られます。集団指導塾だとなかなか授業中に質問はしにくいですが、個別指導塾では遠慮なく質問ができるのでわからないまま授業が進むなどがありません。

自己学習のサポートがメイン

集団指導塾では決められたクラスに決められたカリキュラム、そして決められたテキストを使って授業が行われます。個別指導塾には特にクラスは決められていませんし、カリキュラムは個々の生徒の希望で決められます。使うテキストも塾側が用意するのではなく生徒が自分で決めたものを使っていきます。集団指導塾では講師がカリキュラムやテキストに沿って講師のペースで授業を進めていきますが、個別指導塾では生徒の自己学習をサポートする形で進められていきます。講師は新しい内容やわからない部分の解説はしてくれますが、つききりで一方的に話をしてくれるわけではありません。生徒の能力によって勉強の進度が変わるので、やる気のある子と無い子で差がつきやすいときもあります。