個別指導塾の魅力

マンツーマンで指導が受けられる

集団塾では、講師一人に生徒が数人から数十人で行われます。外向的で大勢の前で話すのに臆さない生徒にとっては質問しやすい環境ですが、「大勢の前で質問するのは恥ずかしい」という生徒にとっては、質問しやすい環境とはいえません。そのため、「せっかく高い金額を払って塾に通っているのになかなか成績が上がらない」「疑問を解決できない」という問題にぶつかりがちです。 一方、個別指導塾では生徒一人に講師一人というマンツーマン型の授業が行われることが多いです。塾によっては講師一人に生徒二人が同時に授業をすることもありますが、指導自体は個別に行われるのが普通です。他の生徒や講師が同時に授業をしていたとしても、パーティションで仕切られているのでプライバシーも保護されています。そのため、人目を気にせず安心して質問できます。

静かな環境で学びやすい

集団指導塾ではグループで授業をしています。声が大きい人や積極的な生徒もいるので、どうしても静かな環境で学ぶことは難しくなります。人と競争したり、他の人の反応を見ることでやる気が出るというタイプにとっては勉強しやすい環境ですが、静かな場所でじっくりと考えを整理しながら勉強したいという生徒にとっては勉強がしづらく感じるかもしれません。 個別指導塾は集団指導塾と比べて、静かな環境で学ぶことができます。「とはいえ、他の生徒と講師の声が聞こえてくるのではないか」と心配になるかもしれません。たしかに、声が聞こえてくることもありますが、席の間はパーティションで仕切られているので、あまり声は気にならないように配慮されています。それでも気になる場合は、講師に相談して静かな環境で勉強できる時間にコマを動かすこともできます。

夏期講習は、今まで以上に高度な学力を身に付けることが可能ですし、ハイレベルな指導も受けることができるので、合格率が高まります。